office furniture
メニューボックス
 
HOMEへ
ごみ箱の相性
便利なごみ箱
ダストボックス?
オフィスレイアウトへ
オフィスづくりのヒントへ
DESKへ
CHAIRへ
事務用品
カウネットについてへ
新着情報
事務用品の買取についてのページを追加しました。
事務用品費の削減についてのページを追加しました。
オフィス用品通販会社の比較についてのページを追加しました。
アスクルについてのページを追加しました。
鉛筆の歴史についてのページを追加しました。
シャープペンの歴史についてのページを追加しました。
マウス選びのポイントについてのページを追加しました。
テープについてのページを追加しました。
モニター選びについてのページを追加しました。
>>バックナンバー

 

 

desk

デスクにもいろんな種類がありますよね。一般的にはデスクワーク用とミーティング用など、目的に合わせて、異なるデスクを選ぶ会社が多いようです。

今ではより業務を効率的に進めるために、用途に合わせた様々なデスクがあります。

例えばPC配線の収納があるタイプや、用途に合わせてデスクを移動してレイアウトを変えるタイプなど。

デスクに業務を合わせるのではなく、業務にデスクを合わせる。これが、ビジネスを成功へ導くオフィス家具選びの第一歩になるのです。

何の業務に使うのか

デスクを選ぶ際には、そのデスクがどんな業務に使われるかを判断基準とします。

外出の多い営業スタッフの場合は、デスクを使っての作業が少ないうえに書類の保管量も比較的少ないことから、引き出しの少ない片袖机や、引き出しのない平机がベストだといえるでしょう。 一方で、秘書や経理などといった業務に携わるスタッフの場合は、デスクに十分な書類の保管スペースが必要ですし、デスク上に資料を広げて作業が行えるよう、天板にもある程度の広さが必要です。この場合は両サイドに引き出しのある両袖机で、天板も広いものを選ぶといいでしょう。

大きさもポイント

デスク選びのもうひとつの基準としては、デスクそのものの大きさがあげられます。

たとえ上記の条件に見合ったものでも、デスクそのもののが大きすぎたり、小さすぎたりするのは、かえって業務の効率を下げてしまいかねません。

オフィスのスペースに十分な余裕があったとしても、変に大きなものを選ばず、使用する業務に見合った適度な大きさにすることが肝心です。

おすすめデスク

MX+
ノンボルト設計・内筒交換システムで使いやすい

 

おすすめポイント
●デスクのスペースは奥行き60cmしか使っていないことが判明したそう!使っていない10cm分をカットしたスマート設計。
●奥行き60cmなので、同じ数の座席でもゆとりのスペースが生まれる。
●空いたスペースで席を増やす、他の什器をいれるなど、有効活用できる。

Atlabo
テーブルを自由に組み合わせて用途多彩

おすすめポイント
●独特の天板形状で、複数のテーブルを組み合わせ、用途に合わせたミーティング空間を作り出せる。
●天板形状のラインナップが豊富なので、本格的な会議用から簡単なミーティング用まで、さまざまなシーンに対応可能。

Valuable information

Last update:2016/7/8

TOPへ

HOMEゴミ箱の相性便利なゴミ箱ダストボックス?オフィスレイアウト
オフィス作りのヒントdeskchair事務用品カウネットについて

Copyright(c) 2009 Office Furniture All Rights Reserved.
トップページ ゴミ箱の相性 便利なごみ箱 ダストボックス